2007年09月06日

山おんな壁おんな あらすじ 10話

山おんな壁おんな 10話 あらすじ

恵美(伊東美咲)と、まりえ(深田恭子)は井口(西島秀俊)も参加しているデパートのカリスマアーティスト展を見学していると会場にはロンドン店の店長で常務の岡島(小野寺昭)の姿があった。
翌日には雅之(及川光博)の案内で岡島が一階フロアを視察。 リカ(三浦理恵子)の情報によると、岡島は奥園(若林豪)を追放して社長の座に就こうとしているらしい。肝心の奥園は3日前に入院したいた事を知った恵美はすぐに見舞いに行く。入院の理由がぎっくり腰で、大したことはないと言う奥園だが、そろそろ引き際かと弱気な発言もする。そして恵美が帰ろうとすると、雅之がいた。岡島の問題をどうすればいいのか教えてほしいと言う雅之を恵美は叱咤(しった)する。やがてマンションに帰った恵美だが、風呂が壊れてしまい、井口が修理に現れる。
翌日、恵美は葛沼(温水洋一)が社長と雅之を中傷する怪文書を作成しているのを発見する。恵美は雅之を探そうとするが見つからない。 葛沼も、いつのまにか姿をけして・・・・。


「山おんな壁おんな」は誰?キャスト 水着写真集




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。