2007年08月02日

山おんな壁おんな あらすじ 5話

山おんな壁おんな あらすじ 5話

恵美(伊東美咲)らの上司、田村(谷原章介)が元気がない。食堂で愛妻弁当を前にため息をつく田村を心配するまりえ(深田恭子)は、田村が食欲がないと愛妻弁当の差し出されコロッケを食べる。すると、仕事に戻ったまりえは急に張り切りだし猛烈に働きだす。実はコロッケには大量のスッポンエキスが入っていた。
バック売り場では、大山(小池栄子)は真澄(河本麻希)たちに、売り場にサービスミシュランが入っていると教える。大山は、自分たちだけの秘密にしようとするが、長島が黒板リカ(三浦理恵子)に話したことで、恵美たちも知ることに。恵美は、いつも通りの接客をすれば問題ないと言うのだが、いつもと様子が違うまりえ。 とどまるところを知らない勢いだったまりえは、通路で倒れて腰を打ってしまう。恵美が駆け寄ると、痛がりはするものの、へらへらと笑うまりえはそのまま気を失い救急車で病院へ。
就業後、恵美はまりえの私物を届けに彼女の実家を訪ねる。まりえや彼女の母・好美(岡まゆみ)に歓迎された恵美は、好美のバストが小さいことに気がつく。何故?不思議に思い理由を探ろうとすると、そこに祖母・梅子(樋田慶子)が帰ってきたことで、まりえの胸が巨乳なのは隔世遺伝だと判明。もてなしを受ける恵美は倒れるまで酒を飲んでしまうのだが・・・



「山おんな壁おんな」は誰?キャスト 水着写真集




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。